弁護士に求められる能力について

弁護士は、法律を生かして依頼者の法律事務をこなすというのが、基本的な業務内容です。
そのため、基本的には法律を使いこなす能力が求められます。特に、民事領域では要件事実論というものを知っておく必要があります。
これは、法律効果を発生させるために、最低限主張しなければならない要件に関する理論です。

法科大学院では、授業の科目となっています。



民事実務は、基本的にこの考えで成り立っており、原告側、被告側の双方がこれを知っていることで、攻撃防御が円滑になされ、裁判所も適切な判断をすることが可能となります。

個人で訴訟をする場合には、この能力に欠けていることがほとんどなので、訴訟は遅延し、効率的な心理がなされないこととなります。

したがって、弁護士を雇う意義は大きいと言えます。
また、弁護士は人から依頼を受けて事務処理を行うため、人とのコミュニケーションや信頼構築をうまく行うスキルも求められます。

これは、法律的なスキルではないため、必ずしも皆が得意としているわけではありません。

この川越の弁護士の評判が高いです。

そのため、このスキルを持っている人の方が、持っていない弁護士よりも世間の評判は高くなりますし、そのスキルを使って実績を作っていくことができます。

朝日新聞デジタルの情報はこちらです。

以上のスキルは、どちらかだけが良くても結果は出すことができません。
評価が高く、実績もある弁護士は、この両方を備えていることがおいです。

したがって、仕事を有能な人に依頼したい場合は、この両方のスキルの有無をチェックすべきです。